ゆっくり早く 櫻井響吾

ゆっくり早くエッセイを執筆します。どうか長い目でよろしくお願いします。

高慢と偏見

 

言葉のみを信じるとかいいつつ

この間美術館に行ってきた

 

気持ちよかった

 

死ぬときに自分の信じているものを持っていけるのか

 

ふと

 

今日も明日になってしまった

明日も今日だ

 

1日が24時間なんてルールはない

 

今日も明日もない

 

太陽に縛られる気もない

ただ朝日は綺麗だ

 

西の窓の下にテニスボールがある

左手にはソファー

ラケットはない

 

僕はうつ伏せになりながら鼻から息を吸って口から吐いた

 

気持ちいい

 

言葉が流れて行く

風がそよそよと部屋に入って来る

 

僕の体の上を通り過ぎて

玄関へと抜けていく

 

アルバイトをしようと思う

宝石屋で何が悲しみだと怒鳴られた

 

人は自分が一番不幸だったと錯覚する

そもそも人は一人だから そう思うんだろう

 

君が人の悲しみをたしなめている時

自分を優位に立たせて笑っているのを知っている

 

それでも僕が笑うから

君は怒ったんだろう?

 

不幸なことに足跡というものは足と書く

私の足跡は足によって描かれるのか

 

そもそも

足跡を芸術だと思うものに

未来はない

 

足跡の栄光は過去に着く

現在踏みしめてるその床は

ゼロだと思うことにしよう

 

ltf:id:free-shunta:20180522045728j:image